読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

smellman's Broken Diary

クソみたいなもんです

スマートフォン勉強会@関東 #11 で発表してきました。

Smartphone dev iPhone event

先日開催されました、スマートフォン勉強会@関東(すまべん@関東)#11で、二つ発表をしました。

一つ目は最初のメインセッションの「どう考えてもdisconなものをiPhoneに移植してみた」です。

この発表はPantomimeというライブラリをiOS向けに無理やり移植してみたときにどういった作業をしなくてはいけなかったのかというノウハウをまとめたものです。ちなみに、移植したものはsmellman / Pantomimeにあります。READMEちゃんと書いてないです、すいません。

いちおう今回強く伝えたかったのはAppleのドキュメントはしっかりしているという事です。彼らはいろんな方面からいままで文句を言われていますが、ドキュメントの整備具合というのではかなりよくできていて、リファレンスとしてDeveloper Documentは個人的には最強に近いと思っています。

あと、発表した時に失敗したのは、僕はObjective-C++は二度とやりたくないと言ったのがわりとObjective-Cも嫌いっていう風に捉えられている可能性があるなぁと。そんなハズはないです、Smalltalkっぽくていいし、間違いなくC++Objective-Cどっち選ぶと言ったら後者です。C++Objective-C++と言われたら迷いますけどw

なお、前置きだけで半分スライド消化しているので、見る人は気をつけてください。あと、僕の彼女居ない歴がバレるのは仕様です。

で、二つ目はLTで発表した「5分で語る SQLite暗号化」です。

まぁ、見たまんまなんですが、スライドの数がどう考えても5分で語れていません。やり方1〜やり方6までのスライドを10秒ぐらいでかっ飛ばすことによって5分で語り切るという、ある種チートプレイ。しかも、あまりに早く飛ばしすぎて5分が余るというおまけつきです。

ちなみに、スライド作ったのは他の発表聞きながらだったりします。内容もほとんど僕が社内向けに作った調査資料をコピペだったりと相当手抜きですが、まぁ使えるようになるのでいいでしょう。

最後に、僕のセッション中にデング熱について語っていますが、デング熱についてはRejectTokyoRubyKaigi05にて以前語っているので、そちらのスライドをどうぞ。