読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

smellman's Broken Diary

クソみたいなもんです

六畳間の侵略者!?7.5 白銀の姫と青き騎士第一章 読了

僕がここ最近で一番ハマってる六畳間の侵略者!?の最新刊を読みました。
本作は外伝的な位置づけで、7巻のラストで一瞬消えた孝太郎とウランが消えたときになにをしていたのか、そしてシリーズで中心的なお話として存在している青騎士の伝説について、そして青騎士の正体について語られることになります。
本作もかなり面白いというか大好きなお話でした。
この作品が面白いところはいわゆるハーレム物っていうジャンルに相当するはずなのに、その気がほとんど無く(パンチラすら途中で消滅するレベル)、孝太郎が女の子と接する姿がすごくやさしくて、読んでていて温かい気持ちになります。特に巻を進むごとに変わっていくティアとの関係なんかはたまらなく好きだったりします。
本作もその流れを組んでいます。特に出てくるティアそっくりな子への孝太郎の真摯な対応はたぶん7巻までの流れがなければ無かったものだと思います。清々しいぐらい気持ちよかった。
第一章というので、青騎士の伝説の話は8巻のあとの8.5巻に続くとのことなので、本当に今から楽しみです。
やさしいラノベを読んでみたい人は是非一巻から読んでみるのをおすすめします。

六畳間の侵略者!? 7.5 (HJ文庫 た)

六畳間の侵略者!? 7.5 (HJ文庫 た)


六畳間の侵略者!? (HJ文庫)

六畳間の侵略者!? (HJ文庫)