読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

smellman's Broken Diary

クソみたいなもんです

Venetian Snares / My Love Is A Bulldozer

Venetian Snaresの新譜がついに発売されました。
いちおうPlanet MuでCDR付きのPRE ORDERのCDを注文してるんですが、
届くわけもないので速攻MP3で購入しました。
なお、iTunes及びAmazon MP3では明日販売開始のようです。

約四年ぶりの新譜です。
前のTAICOCLUBでもいくつかプレイしたのを聞いたけど、家でじっくり聞けるのはすごく嬉しいです。

さて、本作は前のフルアルバム My So-Called Life と比べるとメランコリーなテイストが強くもありつつ、基本的にはおかしい曲ばかりです。
完全に静かな曲も交えてるのはMy Downfall (Original Soundtrack)に近いもの感じもある。
というか、まさかのギター・ソロみたいな楽曲まで入れてやがる。
おかしいだろw

まず1曲目の10th Circle Of Winnipeg。
だいたいタイトルにWinnipegって付いてると嫌な予感がするんですが、予想通りですね。
最初のジャズっぽい流れとそれっぽい女性ボーカルから違和感なく変なシンセが混じりあって静かにおかしいドラムが鳴り響きます。
そしてその中盤激しいのか激しくないのかわからないドラムでリズム感がドンドン崩壊したと思ったら、ジャズっぽい音を挟んでからシンセとドラムの狂気的なリズムがひたすら続きます。
本当に曲のスピードとドラムの音の数がまったく合ってないw
最後はジャズっぽく終わらすけど、なんだこれって感じw

3曲目の1000 Yearsは静かに始まったと思ったらまさかの歌もの。
しかも歌で最後叫んだらアーメン炸裂!
で、途中で一回曲が静かになったと思ったらまた歌が入ってからーのアーメン。

5曲目のAmazon先日書いたので割愛。

6曲目のMy Love Is A Bulldozerは表題曲の期待を全く裏切らない楽曲です。
アーメンを交えながらの歌ものから一気に叩きこむ鬼畜すぎる展開は最高だけど、その後鬼畜さをキープしながらまた歌ものに突入する凄さがヤバイ。
後半で少し落ち着くけどすぐさまアーメンの応酬が始まり一体何と戦ってるんだこれみたいな感じ。
最後の終わり方といい、むちゃくちゃが過ぎる。

7曲目のShe Runsはわりと意外だった曲。
というのもメランコリー感たっぷりながらドラムをかき鳴らす楽曲というと最後に持ってくるイメージが強かったんだけど、今作ではこういうのが中盤で来たのが珍しいなと思った。
曲の構成としてもすごくキレイで、Venetian Snaresのヤバさが相当出てる。
キレイさというとHospitality EPを思い出させるような高揚感もあってとても良い。

9曲目のShaky Sometimesは完全にジャズ方面に振り切ろうとしたところ、途中で変なシンセの音を拾ったせいで、キチガイなプログラミングに目覚めましたみたいな変態楽曲。
ってか、すごくキレイだったのに気づいたらただの変態楽曲になってるんだぜ。

11曲目のDear Poetは初めこそはキレイだけど、途中からやんわりとキチガイドラムが入ってきていろいろ台無しにするすごく素敵な楽曲。
全体的にクラシック感が強いんだけど、よくわかんないボイスに異常なドラムが壮大さを華を添えるという面白展開。
途中からクラシック感無視したと思ったらしょっちゅうそれっぽい音混ぜるし、壮大なる異常さしかない感じがすごく面白い。

最後の楽曲は壮大なクラシックっぽいので終わりでやっぱりMy Downfall (Original Soundtrack)に近いイメージ。
でもまぁ、今回も最高にイカれたアルバムに仕上がってました。
あー、本当に生きてて良かった!

ちなみに最初日本盤が予定されてるらしいって話があったようなんだけど、どう考えてもAmazonのサンプリングがやばくて無しになったんじゃないかなとしか思えないwww

My Love Is a Bulldozer

My Love Is a Bulldozer