読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

smellman's Broken Diary

クソみたいなもんです

個人的な #2016ブレイクコアベスト 振り返り

今年も一年よいブレイクコアを聞きまくっていました。
というわけで #2016ブレイクコアベスト を振り返ってみようと思います。

まずは楽曲です。

アーティスト 楽曲名 収録元 レーベルと購入/ダウンロードリンク
Synthamesk Lamenski's Raw Deal(2007年リリース、2016年再販) self release/bandcamp
PZDC Team feat Fexomat Snejok RRR040 Ringe Raja Records/archive.org
虚空戦士 1 Dollar = 123.32 Yen (11/17/2015 2:18pm ET Mix) Internet Teknique Dochakuso Records
E-coli Mondo Kane The Star of Munster E.P. Otherman Records
ninzoc ASTEROID CANDY OVERDOSE SWEET DISEASE EP Otherman Records
CDR Amen Must Die ULTIMATE JUNGLE FREAKS VOL.0.95 Dochakuso Records
Flatland Sound Studio Sorry, Donny S02 - Sorry, Dunny Bottle Imp Productions/bandcamp
Laxenanchaos Not Perfect Atom Reaction Formula anybody universe/bandcamp
Marcanta The Collector MOZYK016 - The Marshalling Yard MOZYK/bandcamp
Datach'i Waveguiding System Planet Mu/bandcamp
Ca5 utopia DYSTOPIA ESC TRAX/bandcamp
DJIPE Turtle Devastation Wave People=Pigs The Third Movement/bandcamp

基準としては今年手に入れた物からチョイスなので、SynthameksのRaw Dealは2007年のリリースとやたらと古いものも入っています。

ちなみに上の順番は順位とかではなく印象に残ってるものを一覧に上げているという感じです。その中でもSynthameskのLameski'sは本当によくて、Twitterでは #ベストブレイクコア2016 として書いてみました。

いちおうジャンルとしてはDJIPEだけ違う気がしますが、まぁ別にいいだろうというチョイスです。というかこれほとんど今年聞いた曲のベストだし。

あと、ninzocさんのASTEROID CANDY OVERDOSEはひさびさに泣いたトラックですね。たまにブレイクコアで泣くことがあるんだけど、今年はこの曲が後半にぶっこまれて非常に満足しています。

そんなわけで、次はベスト・アルバムなんですが、これは1つにしぼりました。

MarcantaのMOZYK016 - The Marshalling Yardです。

楽曲の方にも入れた9曲目のThe Collectorは最初から珍妙な音が支配するまじでへんてこな曲で展開はもちろんめちゃくちゃ。
Marcantaは去年のMOZYKのスプリットで10分を超えるブレイクコアで衝撃が走りましたが、今回のこのアルバムは最初から最後まで無茶苦茶な展開にブレイクコアには珍しい6分を超える曲ばかりで、本当にやばかった。
SynthameskのRegressionもすごくよかったけど、今年は完全にMarcantaに持って行かれたという感じがします。

で、今年はブレイクコアというジャンルがまた面白い流れになってきたと思います。
shitmatのJapanツアーなんかはその最たる例で、干してある靴下を生で見てまじで吹いた。
天一アーメンからのKei Torikiさんのリリースや、umioさんのリミックス集、そして来年のBangfaceに日本勢の出演決定など日本においてもどんどん良い流れが出来ていると思います。

来年もブレイクコアを全力で楽しもうと思います。
みなさん、よいHawawaを〜
(ってかHawawaさん見にまじでイギリスいきてー)